たんぽぽの理念

たんぽぽの理念

「すべての人が心豊かに、快適に暮らせる地域にしたい

事業目的

一人一人の発達への願いや保護者(親・ご家族)の願い、『自分らしく生きたい』という願いを受けとめながら、本人の生活段階(ライフステージともいいます)に沿った地域生活を送れるような支援を目指します。

基本方針

・どの人にも療育や保育、教育、医療、就労および社会参加の機会などを社会的に提供されること(発達保障、社会保障)を目指していきます。

・『人間の発達の「みちすじ」はみんな同じ、一人一人の発達の時間に違いがあっても、同じみちすじで発達する』という人間観をもって支援していきます。「やってみたい」あこがれや「なかま」「あそび」「やくわり」「しごと」を通して発達への願い、行動を支援します。

・子どもの成長を願うものとして保護者とともに育ちあう信頼できる事業者を目指します。また保護者への相談支援・コーディネートも実施していきます。

・Ⅰ乳幼児期 Ⅱ児童期 Ⅲ青年期~成人期 Ⅳ高齢期のライフステージに応じて必要とされる社会支援は変化していきます。地域の社会資源となりうる関係者やその機関などと連携し、ライフステージに沿った支援のコーディネートを行います。

・本人の生活目標「こういう自分になりたい」「あこがれ」という願いを受け止め、それに沿った支援計画を作成し、支援を組み立てていきます。

・安心・安全を第一に支援を実施していきます。法令順守・危機管理などを体系化し、『たんぽぽ行動倫理』に則り、一人一人が責任ある支援にあたります。

・法令に基づく職員配置をし、専門的知識や支援経験を豊かにできるよう研修等を実施して人材の育成を行っていきます。また職員の生活が豊かになれるよう職場環境の整備に努めてまいります。

たんぽぽ行動倫理

1.私は、柔軟性と創造性をもった実践の中で、人と関わっていきます。

2.私は、その時々の言動や行為が、人権を侵すものになっていないか、
常に自分自身に問いかけていきます。

3.私は、困難な状況にあっても、チャレンジしていく気持ちをもちつづけていきます。

4.私は、問題意識を持ち、自己学習や集団を通じて、高めていきます。

5.私は、人との関わりの中で、まず、その人のいいところを見つけられる視点をもちます。
同時に、自己肯定感を高めていけるようにしていきます。

法人案内Corporate Information

TOP